出版物案内
出版物案内の申請はmail@satsuonkyou.jp宛にメールしてください


【看護と福祉領域のための】音楽療法ハンドブック フライヤー
ご紹介
 近年、補完代替療法として多種の療法が取り上げられ、その中に位置する音楽療法が注目されています。社会的背景として、障がいのあるお子さんやメンタルサポートの必要な方が増えていること、また、高齢者のケアの手段としてなどが挙げられます。
 一方、音楽と人間の関係は人類誕生の時から続いていると言われています。 日本音楽療法学会の理事長のメッセージ、そして、音楽は どのようにして人間と歩んできたのか、その音楽が如何にして医療や福祉の場で活用されるのか、また、医療・看護サイドからみた 音楽療法についても簡単に紹介しています。
 今や、教育の現場でも、また演奏家としても音楽療法的マインドが必要ではないかと考えまして 僭越ながらご紹介させていただきました。
 音楽の専門家の分野で、音楽療法に対してのご理解を頂けますよう、著者一同願っております
著者代表 中山 ヒサ子